クアラルンプールのメガモールでショッピング

ドゥルー・タン

 クアラルンプールの熱気の中でショッピングをするには覚悟が必要ですが、ありがたいことに、涼しく買い物ができるメガモール(巨大ショッピングセンター)がいくつかあります。

パビリオン入り口の噴水。写真:ドゥルー・タン

パビリオン入り口の噴水。写真:ドゥルー・タン

パビリオン(Pavillionは、ゴールデントライアングル地区(the Golden Triangle)の中で最も大きく、最も利便性の良いモールです。パビリオンは主要ホテルの殆どから近く、日本のショッピングコーナーも含めたくさんのお店が出店しています。また、多くの有名ブランドも入居しています。マレーシアの伝統料理から台湾の有名なディン・タイ・フォン(Din Tai Fung)まで、食事も十分に楽しめます。

もし安全にお酒を飲める場所をお探しでしたら、パビリオンがその場所です。ハッピーアワーを開催したり、メキシカンからイタリアンまで世界中の料理を提供するレストランがいくつかあります。でもご注意ください。上部階にあるレストランは、皆さんの予想以上に高額となります。

ロット10(Lot 10はパビリオンの通りに沿った場所にあります。ロット10は、クアラルンプールの電気電子産業地域に隣接することもあり、電化製品販売により重点的に取り組んでいます。地下には伊勢丹のフードマーケットがあり日本のスナックや飲み物も扱っていますが、殆どはマレーシアの商品を販売しています。その他にも地下には、正真正銘の東南アジア料理が楽しめる安いフードコートもたくさんあります。

KLCCパークからのスリア入り口。写真:ドゥルー・タン

KLCCパークからのスリア入り口。写真:ドゥルー・タン

スリア(Suriaは、ペトロナスタワーズ(the Petronas Towers)の下に位置する高級モールです。その屋内や野外では様々なイベントが行われる大きなモールです。スリアの裏側には広いKLCCパークがあり、モール内部の喧騒から離れて休憩することができます。スリアは東京の表参道ヶ丘と似ていますが、より大きなスケールとなります。

パビリオンかスリアに訪れることがあれば、マダム・クワン(Madam Kwan’s)のお店で食事することをお忘れなく。地元マレーシア料理を清潔で美味しく頂けるお店です。そこで、マレーシア一と評価されているナシ・レマック(the Nasi Lemak)をご堪能ください。

この記事を読んでマレーシアへの旅行について更に詳しく知りたい方はマレーシア観光局ウェブサ       イトをご覧ください

 _________________

筆者紹介

ドゥルー・タン(カナダ)
カナダ出身のドゥルー・タンは、2005年から東京に住んでいます。タンは世界中を旅することを楽しみとし、日本の中でもこれまで訪れたことのある地域をブログDru’s Misadventuresで紹介し、人々が日本のことについて学ぶ手助けをしています。